【会社概要】
●本社
 岡山県岡山市中区神下450番地
 TEL:086-279-0001

●瀬戸内営業所
 第1リサイクルプラザ
 (岡山県産業廃棄物中間処分場)
 岡山県瀬戸内市牛窓町長浜4910
 TEL:0869-34-9822

●東岡山営業所
 第2リサイクルプラザ
 (岡山市産業廃棄物中間処分場)
 岡山県岡山市東区鉄125-3
 TEL:086-208-6500

●倉敷営業所
 倉敷市西阿知町新田92番地3
 TEL:086-465-8788

●津山営業所
 岡山県津山市川崎236-1
 TEL:0868-26-1801

※グループ企業
 株式会社さくら祭典
 株式会社アーサー

条件から探す
各事業部について

●警備事業部

安全・安心を提供し、地域貢献を追求する
サピックス警備事業部では、
日夜変化する警備環境に、
迅速かつ適正に対応することを心がけています。

 

その言葉以上に実践することの
難しい「臨機応変」を、
お客様の求める形に限りなく近づけること。

 

また、資格取得や教育の積極的な取組みを
通じて人材育成を図り、
プロ意識をもった組織体制を構築し
続けることを目指しています。

 

機械化がさらに進む業界において、
マンパワーのメリットを
評価いただけるよう努めてまいります。

 

いまや市場規模は3兆5千億円、
警備会社は全国に約9千社にまで
膨れあがるに至りました。

 

約50万人を越える警備員は、
実に交番勤務のお巡りさんより
多いといわれています。

 

警備業の付加価値とは何か?
サピックスの使命とは、
安全産業におけるサービスとは何か?
自問自答で日々探求する
われわれの原動力は、
いつもお客様のハードルです。

●緑化事業部

人にやさしい緑環境造り

 

人が生活して行く上で、
『人と緑の関わり』は心を癒すと共に、
活力を与えてくれます。

 

今、自然環境の汚染等
さまざまな環境破壊が叫ばれていますが、
緑化事業部では、
一般住宅・商業施設・公共施設・
公園等の各種の造園工事から
個人邸の庭の手入れ、芝の手入れ、
公共施設・企業の庭園管理業務まで
各種の業務を通して、
コンプライアンス(法令厳守)に準拠し、
人と環境に優しい緑環境を
提案・実現するとともに、
社会に貢献して行きます。

 

緑化事業部・役割の指針
サピックスの緑化事業部は、
各事業部と連携して営業展開をしています。

 

クリーン事業部が定期清掃を
行っている建物や、
設備事業部が設備管理している建物から
増改築工事を請負、
緑化事業部が庭園管理、造園工事を請負、
工事によるゴミや産業廃棄物は
資源リサイクル事業部で処理、
工事中の警備を警備事業部が
担当するなど、
ビル管理のすべてを
株式会社サピックスで対応することが可能で、
質の高いサービスをトータルにご提案します。

 

各事業部が確かな仕事で
お客様から信頼を得ているからこそ、
サピックスの企業力が発揮されます。

●資源リサイクル事業部

「ゴミはゴミではない、

ゴミは資源である。」

 

サピックス資源リサイクル事業部の
根底に流れる考え方です。

 

年々増加する産業廃棄物は、
不法投棄や埋め立て処分場の限界から、
自然や生活環境への大きな負荷となっています。

 

カンやビンのリサイクルは
一般に浸透しつつありますが、
最終処分場に直行する産業廃棄物が
決して少なくありません。

 

サピックスではそれらを捨てるのではなく、
どうすれば「再生品」として有効資源化し、
社会に循環していけるかを
常に考え実践しています。

 

独自のアイデアと技術、
行動力で次のリサイクルへ。
その思いは誰にも負けません。

 

また、サピックスでは、社会貢献の一環として、
2006年から障がい者の就労支援を行っています。

●設備事業部

サピックス設備管理事業部では、
官公庁やテナントビル、
工場などの施設にある様々な設備を
最適な状態で運転・管理しています。

 

設備を管理していく上で、
日常的・定期的に実施する
点検や検査は欠かせません。

 

点検・検査の際に発見された問題点や
不具合箇所を是正することで、
設備の故障や健康被害を未然に防ぎ、
施設を利用されるお客様が
安心して過ごせるように、
日々精一杯業務に取り組んでいます。

 

●建築事業部

人と環境に優しく厳しい立地条件にも
対応する建物づくり

 

人が生活し活動拠点して行く上で、
建築の役割は欠かせない存在です。
そんな建物をとりまく環境に、
今、地震・津波・異常気象・
ヒートアイランド化現象、
身近には、シックハウス症候群や
偽装建築などさまざまな問題がおきています。

 

サピックス建築事業部は、
一般錠宅・マンション・ビル・
商業施設などの新築・増改築・
改修工事などの実施施工を通して、
コンプライアンス(法令厳守)にのっとり、
人と環境に優しく厳しい立地にも
対応した建物を追求し地域社会に
貢献して行きます。

 

建築事業部・役割の指針

サピックスでは、各事業部と連携して
営業展開しています。

 

クリーン事業部が定期清掃を
行っている建物や、
設備事業部が設備管理している建物から
増改築工事を請け負い、
工事によるゴミや産業廃棄物は
資源リサイクル事業部で処理、
工事中の警備を警備事業部が
担当するなど、
すべてをサピックスで
対応することが可能で、
質の高いサービスをトータルに
提案して行きます。

 

各事業部が確かな仕事で
お客様から信頼を得ているからこそ、
サピックスの企業力が発揮されて行きます。

●クリーン事業部

クリーン事業部では、
「私たちはお客様に安心と満足で
喜んでいただけるように尽くします」を
基本に、日常清掃や定期清掃を
行っております。

 

また、お客様の「ありがとう!」
この一言をいただけるように
頑張っています。

 

サッピクス特典とは?

○あいさつで色々な人に元気と

 やる気をご提供します。

 

○コミュニケーションで
 お客様のニーズを迅速に、
 また、明るい環境作りを目指します。

 

○衛生的環境向上のため
 つねに最新技術を導入し
 レベルアップに努めます。

●商業部

「心を満たすおいしさ」。

本格的なモツ鍋を家庭で
簡単に味わえるようにと、
大阪の焼肉店が開発した特製味噌と
モツとの見事なマッチングを
口にした素直な感想が、冒頭の言葉です。

 

私たちは、各事業を通して
快適や安心の提供につとめています。

 

社会や暮らしを「元気」にするのが
仕事だといえますが、
それには推進役の社員が
元気でなければなりません。

 

そこで、社員に栄養価も
高い「モツ&味噌」を勧めたところ、
「多くの人に知らせたい」との声が
返ってきました。

 

いいものは積極的に取り組むことを
ポリシーとする私たちは、
2006年末に食品事業部を開設。
第一号商品として
「元気モツモツ&コクウマ味噌」の
販売に着手しました。

スタッフインタビュー

上村 雅樹
警備事業部
平成24年入社
岡山市出身

「入社動機を教えてください。」

学生時代から警備事業部の
アルバイトとして
いろいろな経験をさせていただき、
警備の難しさや苦労を体験しました。
そんなときに当時の事業部長の
警備に対する姿勢や心構えに触れる機会があり、
『この人のようになりたい』と強く思い、
社員としての入社を志願しました。

 

「仕事のやりがいを教えてください。」

お客様や隊員とともに協力して
業務を完遂することに大きな喜びを感じます。
警備業務は一人ではできないことが多く、
お客様や一般の方、
隊員に任意の協力をしていただいて
初めて業務として
円滑に物事が進み始めます。

また、一人ではできないからこそ
お客様からの感謝のお言葉が
現場隊員とともにいただいた勲章と
感じられることも大きなやりがいの一つです。

芦田 拓哉
緑化事業部
平成28年入社
岡山市出身

「入社動機を教えてください。」

高校では、造園デザイン科で
資格取得をしていたので、
その資格を生かす仕事を
してみたいと思い入社しました。

 

「仕事のやりがいを教えてください。」

剪定や芝刈などを行った際に、
お客様や通行されている方などから
「綺麗になった」「ありがとう」と
いう言葉を頂けるときが
仕事のやりがいになっています。